遺留分減殺請求のことは有能な弁護士に依頼しよう

会社経営をスムーズに

電卓

浜松市の税理士を選ぶ方法は、電話やインターネットか税理士紹介サービスを利用します。どのような方法でもいい相手を見つけるには、顔を合わせて話をしてみるのが一番です。面談の中で何を基準に判断するかを決めるポイントもあるので、チェックしておけば会社経営もスムーズになるでしょう。

詳しく見る

契約しよう

男性

大阪で税理士選びに迷ったら、信頼できる友人や税理士紹介会社に相談してみましょう。気に入った税理士事務所が見つかったら、まずはスポット契約を結んでみてください。仕事の質に満足がいけば、顧問契約を結び直しましょう。

詳しく見る

遺留分を確保するために

弁護士

交渉や手続きなどの流れ

遺産相続は、相続対象となる人に最低でも遺産の1/4を相続できる遺留分というのが認められています。しかし、これを無視する場合も少なくはなく、このような事態においては遺留分減殺請求ができます。遺留分減殺請求は、その通知や話し合いを重ねたり、場合によっては調停や訴訟を起こすことも可能です。この遺留分減殺請求の流れについて力になってくれるのが弁護士です。弁護士がいろいろなアドバイスや遺留分減殺請求の手続き代理などを行ってくれるため、遺留分確保に向けて順調に進められるようになります。遺留分減殺請求をする場合は、まず弁護士へと相談していき、正確な遺留分を特定していきます。故人の遺言や戸籍などを確認して、相続対象となる人や、相続がどれぐらいあるのかを調べます。次に、相続対象となる人たちと話し合いの場を設けるようにします。その交渉の末に合意が得られれば、合意書を交わすなどして書面に残しておきます。この交渉の場では弁護士も同席し、話をスムーズに運んでくれます。これに合意が得られないときは、調停を利用します。調停は家庭裁判所で利用することができ、弁護士がその手続きを行い他の相続対象の人にも連絡をします。ここでも話し合いが成立できないときは、訴訟を起こしていきます。この手続きも弁護士が行ない、依頼者が有利となるように弁護を行ってくれます。こうした一連の流れから、遺留分減殺請求から遺留分の確保が期待できます。遺留分減殺請求は法律に詳しくなければその段取りも難しくなり、いろいろなことが負担となってしまいます。そのため、弁護士に相談することで心強い味方となってくれるので、遺留分を諦めなくてもいいのです。

関西での法律相談

相談

関西で弁護士への相談・手続きを依頼する場合には、法律家の数や主要な法人が多い大阪の中之島エリアをメインに検討しましょう。直接弁護士に依頼する方法と法人を介して依頼する方法の2つがありますが、窓口で積極的に相談をして適切な方法を選びましょう。

詳しく見る